食洗機
HOME > ブログ一覧 > お役立ち情報 > 水回りリフォーム > キッチンリフォーム > ミーレ、ボッシュ…海外製食洗機を検討する前に知っておきたいポイント

ミーレ、ボッシュ…海外製食洗機を検討する前に知っておきたいポイント

食洗機

一度に食器をたくさん洗える、おしゃれなデザイン、といったイメージの多い海外製食洗機。他にはどのような特徴があるのでしょうか。

この記事では、海外製食洗機のメリットやデメリット、導入する際の注意点について解説していきます。

食洗機の種類

国内メーカーの食洗機は「スライドオープン」と呼ばれ、収納部は引き出し式になっています。

スライドオープンには浅型と深型の2種類のタイプがあり、浅型の容量は約40L、深型は約60Lです。家族が1~3人なら浅型、4人以上は深型が目安となります。

一方、海外製食洗機は「フロントオープン」と呼ばれる収納方式です。

扉が前面に倒れ、収納カゴを引き出すことができます。上から下までフルに収納できるので、スライドオープンより多くの食器をセットできるのが特徴です。

同じ45cmの食洗機でも、スライドオープンとフロントオープンでは洗える食器点数が異なり、ミーレのフロントオープン食洗機は7~9人分の食器洗浄が可能となっています。

海外製食洗機のメリット

洗浄力が高い

国内メーカーの食洗機は、あらかじめ食器の汚れを落とす「予洗い」が推奨されています。

欧米には予洗いの習慣がなく、汚れた食器はそのまま食洗機に投入。予洗いをしなくても汚れがキレイに落ちる、高い洗浄力が魅力です。

食洗機を使わなくなる理由でもある予洗い。その手間がないのなら検討してみたくなりますね。

一度に洗える量が多い

間口45cmのミーレ食洗機は7~9人分の食器洗浄が可能ですが、さらに大きな間口60cmの食洗機は約12人分の食器洗浄が可能。イメージしにくいと思いますが、一日分の食器や調理器具を夜にまとめて洗える……と考えていただけると分かりやすいでしょう。

食器に優しい乾燥

国内メーカーの食洗機は洗浄後、ヒーターで食器を乾燥させる仕組みです。カラッと乾くので、すぐに使ったり収納したりできるのがメリットですが、素材によって食器にダメージを与えることもあります。

一方、欧米は日本ほど湿度が高くないこと、エネルギー消費の削減意識が高いことから、ヒーターを使わない自然乾燥が主流です。

ミーレの食洗機は洗浄後に自動でドアが少し開き、気化熱による乾燥を促します。食器乾燥に電気を使わないのでエコであり、大切な食器にも負担がかかりません。

ボッシュの食洗機も同様に、電気を使わない独自の乾燥方式「ゼオライト・ドライ」を採用しています。ゼオライトとは、湿気を吸収すると熱を発する鉱物のこと。洗浄後に発生する蒸気を、ゼオライトを通して熱風に変換、食器を乾燥させます。

海外製食洗機のデメリット

価格が高い

パナソニック製のスタンダードクラスの食洗機は、45cm深型タイプで定価約20万円。浅型タイプで約17万円です。

ボッシュの45cmスタンダードクラスの食洗機は、定価約22~27万円。ミーレは約35~38万円となっています。

価格で比較すると、海外製食洗機は高いという結果になりますが、国内メーカーより耐用年数が長いというメリットも。国内メーカーの食洗機の耐用年数は7~10年と言われていますが、海外製食洗機は15~20年とも言われているのです。

必ずしも20年使えるという保証はありませんが、使える年数は国内製より長いということを知っておきましょう。

納期が長い

海外製食洗機は世界的に需要が高く、生産が追い付いていないという現状があります。感染症の影響による生産体制の縮小により、納品までに時間がかかるようです。納期は事前に確認しておきましょう。

また、アフターサポート体制についても必ず確認を。海外企業の場合、日本から撤退する可能性も否定できません。交換部品や修理サポートについては必ず確認しておきましょう。

食器をセットする姿勢が辛い場合もある

スライドオープンの食洗機は、上から引き出しを見下ろしながら食器をセットするので、立ち姿勢からあまり変わりません。

海外製のフロントオープン食洗機は、足元までたっぷり収納できる反面、食器をセットするには腰を曲げたり、屈んだりする姿勢になります。

収納量が多いのは良いことですが、立ち姿勢でセットできないのは人によって辛く感じるかもしれません。

海外製食洗機をキッチンにビルトインする際の注意点

200V単独電源が必要

食洗機を使うには、単独回路の専用電源が必要です。国内製食洗機の電源は基本的に100Vですが、海外製食洗機は200V電源が必要になります。

特にリフォームの場合は、200Vコンセントを専用回路で用意できるかが重要。一番初めに確認しておきたいポイントです。

<h3>キッチン高さが低い場合は設置が難しい</h3>

海外製食洗機は本体高さが大きいので、設置できるキッチン高さに制約が出てしまいます。

ミーレを搭載できるLIXILのシステムキッチン「リシェル」では設置条件として、高さ90、87.5、85cmのキッチンと記載されています。

食洗機の本体寸法を考慮すると、高さ85cm以下のキッチンに設置するのは難しいと言えるでしょう。

まとめ

リフォームで海外製食洗機を設置するには、まず電源を確保できるかを確認し、キッチン高さを検討しましょう。2つの問題をクリアできたら、理想や使い勝手について国内製食洗機との比較検討をするとスムーズに進みます。

理想をカタチにできるリフォーム

お気軽にお問い合わせください。

水廻りリフォームに関する、お悩み・ご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。

TEL:052-655-4550

FAX:052-655-4551