HOME > ブログ一覧 > お役立ち情報 > 内装リフォーム > プチリフォームで接触感染対策にもバリアフリーにもなる!?

プチリフォームで接触感染対策にもバリアフリーにもなる!?

コロナなどのウイルスに対する感染対策を徹底したいとは思うものの、そのために大きく間取りを変えるようなリノベーションや水回り設備を入れ替えるようなリフォームを行うのは現実的に難しいと感じておられる方は少なくありません。
そこで今回は、プチリフォームで行える自宅内での接触感染対策をご紹介します。

プチリフォームで出来る感染対策

実は感染対策のために行うプチリフォームが、感染対策としてだけでなく、家を快適に過ごすバリアフリーとしても効果的な一石二鳥のリフォームになる場合があります。

■水栓の交換で感染対策&バリアフリーに!

外出先から帰ってきて、感染対策のためにまずは手を洗っているものの、その際に蛇口にふれること、綺麗に洗った手でまた蛇口を触って水を止めることが気になっている方は少なくありません。
そこで、水栓をタッチレス水栓(ハンズフリー水栓)にリフォームするケースが増えています。センサーに手をかざすだけで水を出すことが出来るので、接触感染を防ぐことが出来ますし、水は自動で、もしくはセンサーで止めることが出来るので、洗って綺麗になった手を保つことも出来ます。
子供達のように身長的に蛇口に手が届き辛い場合や、力を入れて蛇口をひねることが難しい方にとっても、タッチレス水栓であればセンサーに手を近づけることで蛇口が使えるので、バリアフリーデザインです。また、料理中の汚れた手、遊んで帰ってきた汚れた手で触れたり、濡れた手で蛇口を触れたりすることもないので、水垢が付きにくく掃除がラクになるというメリットもあります。

■ドアノブの交換で感染対策&バリアフリーに!

蛇口と同様に家族がよく触る場所に、ドアノブがあります。特に円筒型の握って回すタイプのノブは、接触感染しやすい作りといえます。
その場合は、ドアを変えずにノブだけレバー式への交換でプチリフォームが行えます。手以外でも肘で押して開くことが出来るので、接触感染対策となりますし、力の弱い小さな子どもや高齢者も下に押して開くことができる使いやすいドアノブです。こまめな掃除も感染対策として効果があるとされているため、ノブを消毒するという点でもレバー式のノブは掃除がしやすくおススメです。
勿論バリアフリーを優先に考えると、引戸へのリフォームがベストですが、まずは、ドアノブ交換というプチリフォームからでも使いやすくなります。

掃除のしやすい家にしておく!

リフォームで感染対策やバリアフリーを考えるうえで役立つのは、掃除のしやすい家を目指すことです。どのような点に注目できるでしょうか?

■掃除道具をすぐ使えるようにしておく!

帰宅後に手を除菌したり、使った場所を除菌したりしようと思っても、掃除道具を取りに行くために、部屋を移動していれば接触感染しかねません。すぐに除菌したり、掃除したりするためには、必要な掃除道具を必要な所に置いておくことが重要です。
玄関近くに除菌スプレーやボトルを置いてストック出来るような靴箱に替えることや棚を設けることが出来るかもしれません。また、洗面所やトイレなどに壁面収納を作ることも出来ます。
掃除機やほうきを置くスペースを設けたり、フックを取り付けたり、掃除道具をすぐに使える場所に置くようにすることで、家を清潔に、さらには導線を短く使いやすく出来ます。

■ミニマルデザインを選ぶ

ミニマリストという物を少なくもつ生き方が注目を集めていますが、掃除をしやすくするという点で、最低限の物を持つだけでなく、最低限の機能やシンプルなデザインの、ミニマルデザインの物を選ぶことも役立ちます。

キッチンや洗面台などの水回り設備は機能的なもの、凝ったデザインの物も増えていますが、機能やデザインが複雑になればメンテナンスが必要となったり、凹凸部分が多く掃除が大変になったりします。機能性が高いことは魅力的ですが、最低限の機能やデザインのシンプルなものにしておくことで、汚れや菌が溜まるスペースを減らすだけでなく、掃除もサッと出来て楽になります。

デザインだけでなく、家の中もミニマリストのように物を増やしすぎないようにしておくなら、接触する物が減りますし、導線もスムーズになり室内移動において実際にバリアとなる物が少ないのでバリアフリーという点でも効果的です。リフォームを行う際には、デザインやライフスタイルをスッキリ、ミニマル化できないか考えてみるのはおススメです。

まとめ

大掛かりなリフォームやリノベーションが難しい場合でも、コロナウイルスの自宅内感染対策のために出来ることがあります。洗面台やキッチンを丸ごと替えるよりも水栓だけ、ドアを丸ごと替えるよりもドアノブだけ、というプチリフォームによって接触感染対策が行えるうえ、リフォーム費用を抑えることが出来ます。しかも、タッチレス水栓やレバー式ドアノブは小さな子供から高齢者まで、幅広い年齢層に使いやすいデザインでバリアフリーという観点からも効果的なリフォームです。
プチリフォームでも、リフォームやリノベーションの場合でも、掃除のしやすさを意識した導線、間取り、デザインを意識することも重要です。今出来る方法で、家族や家を守っていきましょう。

お気軽にお問い合わせください。

水廻りリフォームに関する、お悩み・ご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。

TEL:052-655-4550

FAX:052-655-4551