HOME > ブログ一覧 > お役立ち情報 > 水回りリフォーム > コロナ対策で洗面所や手洗い器の位置が変化した!?

コロナ対策で洗面所や手洗い器の位置が変化した!?

コロナ対策として個人で出来ることに、手洗いがあります。家に帰ったらすぐに手洗い!というのがルーティーンになっている中で、家の間取り、特に洗面所・手洗い器の位置が変化してきています。
洗面所をリフォームすることで、どのようにコロナ対策が出来るのでしょうか?

コロナの影響で洗面台の位置に変化が!

出来るだけ接触感染を防ぐために、すぐに手洗いをしたいと思う方は少なくないかもしれません。そのため、少しでも洗面所が近ければと願う方が増え、リノベーションでの新しい間取りや、水回りリフォームで手を洗える場所を出来るだけ玄関の近くに設置するケースが増えています。

■室内にウイルスを侵入させない対策

具体的にどこに洗面所や手洗い器を設置することが出来るでしょうか?

●洗面所を玄関に近い所に移設する

大抵の場合、マンションでは洗面台があるのは、浴室横の洗面・脱衣所の中です。その洗面所を丸ごと玄関に一番近い位置に移動するリフォームが行えるかもしれません。浴室と洗面所を入れ替えることで、玄関に近くすることが出来る場合もあります。

●廊下に手洗い器を設置する

洗面所の洗面台で手を洗うことで、そこまで行くのにドアを触ることになるのが気になるという方の中には、玄関から入ってすぐの廊下にスリムタイプや壁に埋め込みタイプの手洗い器を設置しています。
廊下以外にも、玄関近くの納戸やデッドスペースを利用してコンパクトな手洗い器を設置できるかもしれません。

●玄関に広い土間を作り、手洗い器を設置する

室内に入る前に手を洗えるように、玄関の土間をリフォームするケースも増えています。土足で動ける玄関土間を広くとり、その中に手洗い器を設け、帰宅後すぐに手が洗えるような導線になっています。土間に手洗い器を設ける場合は、手洗い器ではなく、マルチシンクのような大きなサイズのシンクを設置するなら、靴を洗ったり、子供達のオモチャを洗ったりすることも出来るかもしれません。
また、土間から洗面所につながるような間取りにして洗面台で手を洗えるだけでなく、そのまま洋服を洗濯できたり、すぐにシャワーを浴びたり出来るような導線にすることも出来ます。

洗面所を移設・新設する際の注意点

コロナ対策を考えると、出来るだけ手を洗うスペースを玄関近くに設けたいと思いますが、必ずしも希望通りの位置に設置できるとは限りませんし、新たに手洗い器を設置する際には注意点もあります。

■移設できない場合もある!?

戸建てのリノベーションでは、比較的自由に水回りを移動させたり、新たに手洗い器を設置したりすることが出来ますが、マンションのような集合住宅の場合は、制約がある場合もあります。

例えば、排水管の関係上、または防音といったマンション全体の間取りの関係上、マンションの規約で水回りの位置を移動してはいけないところや、新たに手洗い器を設けてはいけないところがあります。まずは、マンションの規約を確認しましょう。

また、移設や新設可能なマンションでも、床下に配管を通す空間がなく、スペースを確保するために床を上げなければいけないかもしれません。家全体のリノベーションであれば、一気に出来て見栄えも問題ないかもしれませんが、手洗い器を設置するためだけのリフォームであれば、部分的な床や壁のリフォーム工事が必要となるかもしれません。その際には、見栄えにも影響しますし、費用もかかるので、この機会にリノベーションの際や、床リフォーム、水回り全体のリフォームも一緒に考えてみることがおススメです。

■水に強い内装材にリフォームする

廊下や納戸など、洗面所とは別に手洗い器を新たに設ける際には、内装材にも気を配りましょう。元々のクロスや床材は、水に強いものや、すぐに水分を拭き取れるようなものではないかもしれません。手を洗うだけだから、と思うかもしれませんが、予想以上に水滴がまわりに跳ねていますし、そういた水分をしっかり拭き取っていなければ、どんなにコロナ対策をしていても衛生的に良い状態とはいえません。
そのため、手洗い器を設置する壁部分をタイルにしたり、水に強いクロスに張替えたり、床材も一画だけクッションフロアなどにリフォームして、掃除のしやすい内装材にすることも忘れないようにしましょう。
また、手洗い器だけではなく、タオル掛けの場所や、ハンドソープを置く場所など、アクセサリー類も意識したプランニングを行いましょう。

まとめ

室内にコロナウイルスを侵入させないために、必要な手洗いをすぐに出来るよう、洗面所を移設したり手洗い器を新設したりするリフォームが注目されています。
現在の間取りや導線、マンションの規約などを考慮に入れて、手洗い器の場所や種類、内装材を考えましょう。また、リフォームの内容によっては費用がかかったり、見栄えが悪くなったりする可能性もあるので、他のリフォームやリノベーションも念頭に置いて計画してみて下さい。

洗面所や手洗い器のリフォームで、自宅で出来るコロナ対策に励んで参りましょう。

お気軽にお問い合わせください。

水廻りリフォームに関する、お悩み・ご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。

TEL:052-655-4550

FAX:052-655-4551