HOME > ブログ一覧 > お役立ち情報 > 水回りリフォーム > キッチンリフォーム > 大きければ良いわけではない!?キッチンのサイズ選びのポイント

大きければ良いわけではない!?キッチンのサイズ選びのポイント

キッチンリフォームで検討しなければいけない点として、キッチンのサイズがあります。今と同じサイズのキッチンに入れ替えることも出来ますが、リフォームでキッチンのサイズを変えるだけで、料理がしやすくなったり、導線が良くなったりすることは多く、とても重要なポイントです。どんな点に注目してキッチンのサイズを選ぶと良いのでしょうか?

キッチンのサイズの種類

キッチンのサイズ選びを考える前に、選択肢のサイズには何が含まれているのかを確認してみましょう!

■幅広い間口サイズ

I型のシステムキッチンでは、1650mm~3000mmの15cm刻みでサイズ展開されているのが一般的です。メーカーによっては、もっと細かくサイズを選べるものもあります。
さらに、システムキッチンの天板は一体型になっていますが、キッチンはシンクと調理スペース、コンロの組み合わせなので、同じ2400mmサイズの間口でも、それぞれのサイズを規格内で選ぶことが可能です。入れたいコンロのサイズで変わるかもしれませんし、置きたい物、まな板のサイズ、作業のしやすさで調理スペースを選べます。また、各スペースに合わせて、下の収納部分の間口も変わってくるので、その点も考慮に入れてサイズを考えましょう。

■対面キッチンでは奥行きも重要!

壁付けキッチンでは、天板の奥行きは60cm・65cmが一般的です。さらに対面キッチンになると奥行きの選択肢が広がります。調理スペースとしてだけでなく、対面して食事が出来たり、向き合ってまな板を置いて調理したり出来るように、奥行きが80cm以上あるものも多くあります。調理側と反対側が収納棚や飾り棚になっているものもあり、使いたい用途によって奥行きを検討する必要があります。

■高さ選びも大切!

キッチンのサイズは間口だけでなく高さもあります。一般的なシステムキッチンでは、天板までの高さが80cm・85cm・90cm・95cmの5cm刻みであります。高すぎても使いにくいですし、低すぎても腰痛の原因になってしまうことがあります。身長÷2+5cmが使いやすいキッチンの高さと言われています。
高さが合わなかった時に後で、高さだけリフォームで変えることも可能ですが、費用もかかりますし、見栄えも悪くなる可能性があるので、キッチンをリフォームする時に、大体ではなく身長を目安に確認しておきましょう。ショールームで靴を脱いだ状態での確認が重要です。

サイズ選びのポイント

間口や奥行き、高さなど、キッチンのサイズには選択肢がありますが、具体的にどんな点を確認しておくべきなのでしょうか?ポイントをご紹介したいと思います。

■大きければ良いわけではない!

ショールームや雑誌、テレビなどで大きなキッチンを見たり、料理をする姿を見たりすると憧れたり、良く見えたりするかもしれません。しかし大きいキッチン=使いやすい、わけではありません。家の間取りや使う人の動きなどによって使いやすいキッチン、ベストなものは異なります。そのため、自分の家、自分にあったキッチン選びが必要です。

中には、間口が3000サイズの大きめのキッチンを使っていたけれど、コンロとシンクが遠く使いにくいと感じていたため、2400サイズにリフォームしたことで動きもコンパクトになり楽になったという方もおられます。キッチンそのものだけでなく、キッチンをコンパクトにして空いたスペースを収納として利用したり、冷蔵庫が横並びに収まったりしたことで、キッチンが片付き導線が良くなったというケースもあります。また、台所が狭いため、奥行きが短めのものを選ぶことで、動きやすくなったなど間取りに合うサイズもあります。

勿論、大きいサイズにリフォームして良かったと感じる方も沢山いらっしゃいます。例えば、キッチンに炊飯器や食洗器を置いて使うため、調理スペースとは別にスペースがあると便利ということで間口が大きいものにリフォームして良かったというケースや、作った料理を並べる場所があって調理がスムーズに出来るようになったというケースもあります。
キッチンのサイズ選びに重要なのは、どれだけ大きいかどうかではなく、自分にとって使いやすい大きさかどうかなのでリフォーム前に料理をする際の動き、導線を確認してベストなサイズを検討しておきましょう。

■冷蔵庫と収納棚を含めたサイズ選び

キッチンサイズを考える時に、つい部屋に入るサイズや、キッチン単体だけの使いやさだけでサイズを考えてしまいがちですが、見落としてはいけないのが、冷蔵庫と食器棚などの収納棚の位置です。調理スペースと冷蔵庫が近い位置にあるか、食器棚からお皿を出して置きやすい位置、また食洗器から出して片付けやすい位置にあるかなど、キッチンのサイズ選びを考える際に作業導線も考えると、最適なサイズを選ぶのに役立ちます。腕の長さや利き手、誰がキッチンを利用するかなどに注目するとシンクや調理スペースの幅や冷蔵庫の位置などを検討しやすくなります。

まとめ

キッチンリフォームでは、キッチンを綺麗にしたり、機能を良いものにしたりするだけではなく、間口や奥行き、高さなどのサイズを検討することで、使いやすいキッチンにすることが出来ます。サイズを考える際には、ただ部屋に入る最大のものにリフォームしようとするのではなく、利用者の動きや間取り、冷蔵庫や食器棚の位置などにも注目することで、最適なサイズにリフォームすることが出来ます。
案外、今のキッチンが使いづらいと感じる問題点はキッチンのサイズを変えることで解決されるかもしれないので、今一度確認してみて下さいね。

お気軽にお問い合わせください。

水廻りリフォームに関する、お悩み・ご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。

TEL:052-655-4550

FAX:052-655-4551