HOME > ブログ一覧 > お役立ち情報 > 内装リフォーム > 窓リフォーム > 『二重サッシ?ペアガラス?』 結露対策には何がいいの?

『二重サッシ?ペアガラス?』 結露対策には何がいいの?

防音対策、防犯対策など窓リフォームによって得られる効果は沢山あります。梅雨時期のカビ対策、冬の結露対策なども窓リフォームによって効果が期待できます。結露対策というと、二重サッシやペアガラスという名前を聞くことがあるかもしれません。それぞれ、結露対策に対してどんな効果があるのでしょうか?

二重サッシとペアガラスって何が違うの?


二重、ペア、という名前が付いているので、似た様な感じがしますが、それぞれ別の物です。まずは、二重サッシとペアガラスが何なのかについて確認してみましょう。

■二重サッシって何?

二重サッシは、他にも二重窓、インナーサッシ、内窓と呼ばれています。名前の通り、既存の窓の内側に窓を設置し、窓が枠を含め二重についている状態になります。これは、リフォームの際に使われる施工方法のひとつです。引き違い窓であれば、今ある窓を撤去することなく、内側に新たな窓を付けることで二重サッシになります。そして二重サッシも普通の窓と同様、ガラスの種類を選ぶことが可能です。

■ペアガラスって何?

二重サッシが窓枠ごと二重なのに対し、ペアガラスは、ひとつの窓のガラス部分のみが二重になっている状態のガラスを指します。複層ガラスとも呼ばれており、二重になっているガラスとガラスに空間があって空気層を作る設計になっています。種類によっては、この空間に乾燥空気など特殊な空気を入れているものもあります。
ペアガラスは施工方法ではなく、ガラスの種類なので新築時の窓に付いているところもありますし、リフォームで窓を取り替える際にペアガラスの窓に交換することもあります。もちろん、二重サッシにした際の窓にペアガラスを使うことも可能です。

窓リフォームで出来る結露対策とは?

二重サッシやペアガラスにすることによって、防音や断熱などいくつかの効果が期待できますが、その中でも効果を期待されるものに結露対策があります。窓リフォームによって出来る結露対策とはどのようなものなのでしょうか?

■空気の層が結露防止のカギ!

二重サッシは、サッシとサッシの間に、ペアガラスはガラスとガラスの間に、どちらも空気の層があります。この空気の層をつくることによって結露防止効果や断熱性を高める効果があります。
結露は、室内と屋外の温度差が大きいと発生します。特に、室内の湿度が高ければ、屋外の冷たい外気で窓ガラスが冷やされることで、屋内の水蒸気が窓に付着して結露になるのです。外気温を通さなければ室内に結露が発生するのを防げるので、空気層がある窓は外気温を通しづらいことから室内側のガラスが外気の影響を受けないので、結露対策効果があります。

■二重サッシとペアガラスどちらがいいの?

空気の層がある二重サッシとペアガラスでは、どちらが良いのでしょうか?結露対策という点では、空気の層が厚い二重サッシの方が効果は期待できます。ペアガラスは、単板ガラスよりは、断熱効果や結露対策を期待できますが、二重サッシと比べると劣ります。特に熱の通しやすいアルミサッシにペアガラスを付ける場合は、ほとんど効果は期待できません。ペアガラスにすることから結露対策を期待する場合は、せめて樹脂サッシに替えましょう。
しかし、どちらを選ぶかは、それぞれのメリットやデメリットを考えたうえで、リフォームの規模や得られる他の効果を比較して決めるのが最適です。
例えば、結露対策だけではなく防音・防犯効果を期待するのであればペアガラスよりも二重サッシがおすすめです。しかし、二重サッシは2回窓を開けることや、外窓の掃除が面倒だと感じるかもしれませんし、見栄えが悪いと感じる方もおられます。また、二重サッシは基本的に引き違い窓以外には取り付けることが出来ないという問題点もあります。
それに対し、ペアガラスは結露対策としては期待できないものの、使い勝手の良さや見た目を大きく変えずにリフォーム出来るというメリットがあります。さらにペアガラスの場合は、メーカーによって、断熱性や防犯性などに特化したものを出しているので、特色を知ったうえで交換するのであれば、より高い効果を期待できるかもしれません。

まとめ

既存の窓の内側にもうひとつ窓を付ける二重サッシと、ガラスが2枚になっているペアガラスは、どちらも空気の層があるため断熱性が期待できます。しかし、2つを比較して結露対策を期待するのであれば、空気の層が厚い二重サッシの方が、断然効果があります。リフォームの場合は特に、既存の窓の状態や問題点、期待する効果によって、二重サッシが良いか、それともペアガラスが良いかは異なってきます。どちらを選ぶにしても、よく家の現状を確認し、メーカーごとの特色を知ったうえで、窓リフォームをしましょう。

お気軽にお問い合わせください。

水廻りリフォームに関する、お悩み・ご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。

TEL:052-655-4550

FAX:052-655-4551