HOME > ブログ一覧 > お役立ち情報 > 水回りリフォーム > トイレリフォーム > トイレのリフォームによくあるQ&A

トイレのリフォームによくあるQ&A

毎日使う、家の中でも必需品とも言えるトイレだからこそ、リフォームをする際には慎重に行うべきです。トイレをリフォームすべき最適な時期はいつ?最適な床は?介護用にすべき?など、よくある疑問や不安を解決したうえで、トイレのリフォームを満足のいくものにしたいものです。

そこで今回は、トイレのリフォームに関して、よくある疑問や質問に対する答えをご紹介します。

Q1.トイレのリフォーム時期っていつ?

陶器で出来ている便器は100年もつと言われるほど丈夫なので、外からの衝撃でヒビが入らない限り修理が必要ということはないかもしれません。しかし、長年使っていると頑固で落ちない黄ばみや汚れが出てきます。また、配管やタンク内の部品やパッキンは10~20年程で劣化します。配管や部品が劣化してしまうと、詰まりや水漏れの原因となるのでリフォームが必要です。また、便器そのものが綺麗でも、最新の便器の機能に魅かれるかもしれません。最新のトイレはお掃除機能、節水機能など、毎日長く使っていくうえで注目できる機能が標準装備されています。そろそろ20年経つという時期であれば、ランニングコストを考えて、故障部分が無くてもリフォームに踏み切るというのも、良い判断かもしれません。

Q2.トイレの床には何が適しているの?

トイレの床に求める事と言えば、デザインはもちろんのこと水に強く掃除がしやすいということではないでしょうか?部屋に使われるフローリング材は、耐水性が劣っています。フローリングを選ぶのであればコーティングされているものを選びましょう。また、浴室と続いていて、水を流せるようになっているところは、あえてタイルにすることも出来ますが、冷たさを感じたり、転倒した時に固くて危険だったりという問題があるので注意が必要です。

その点、トイレの床に適しているのは、クッションフロアです。耐水性に優れていて汚れも付きにくいので、掃除がラクです。また、大理石調、フローリング調など、デザインが豊富なので、したいテイストに合わせて選べます。さらに介護の面を考えて、柔らかくて温かみがあり、足に優しい素材を求めるのであればコルクもおススメです。水が染み込みそうなイメージのコルクですが、実は耐水性のある素材なのでトイレの床に適しています。ナチュラルテイストにしたい方などは特に弾力性・保温性・遮音性に優れているコルクを選択肢に入れてみることも出来ます。

Q3. 将来介護のことを考えたらトイレリフォームは何が出来る?

●ドアを可能であれば引戸にしておくことで、車椅子になった時に邪魔にならず開閉しやすくなります。また、介護に関係なく注意しておきたいのは、開き戸の場合の開閉方向です。トイレ側の内開きにならないようにしておきましょう。内開きにすると、スリッパが引っかかるという問題もありますが、それ以上に、中で人が倒れてしまった際に、鍵がかかっていなくても開かなくなる可能性があるのです。ドアを開き戸にする場合は、外開きが基本です。

●手摺の取付けを検討する場合は、立ち上がりや移動、方向転換のどれにも対応できるようにL字の手摺を取り付けるのがおススメです。実際に介護が必要になった時に、前方に手摺を取り付けるなど、必要が生じるかもしれませんが、必要のない時期から取付けてしまうと邪魔になる場合もありますし、そもそも必要とならない場所に設置してしまう可能性もあります。先を見越しすぎて色々と設置してしまうより、将来手摺を取り付けられるように壁を補強しておくだけにしておく方が賢明です。

Q4.マンションの2階以上はタンクレストイレが設置出来ないってホント?

タンクレストイレは、タンク付きのように一度タンクに水を溜めるのではなく、直接水道管から水を送るので、水圧の力によって設置出来るかに影響してきます。そのため、2階以上で水圧が弱い部屋はタンクレストイレが設置できない場合があります。設置できたとしても、水圧が弱いためウォシュレットや便器の洗浄水の力が弱くなり、本来の機能を発揮しない可能性があります。

しかし、対応策もあります。タンクレスの中にも低水圧対応トイレがあるので最近は設置出来るものもあります。また、加圧装置(ブースター)を取り付けるという方法もあります。

まとめ

20年前後でリフォーム時期を迎えるトイレですが、便器の取替えだけでなく、ついでに床や壁、介護面も想定してリフォームを行いたいと思うかもしれません。リフォームを行う際には、掃除のしやすさ、使いやすさ、便器がもっている機能を最大限に活かせる環境かどうかなど、リフォームしたい目的をしっかりと踏まえたうえで決定していきましょう。疑問や悩みがある状態でリフォームに入るなら、後悔を招きます。自分で調べたり、業者さんに確認したりして不安を取り除いてから後悔のないトイレリフォームを行いましょう。

お気軽にお問い合わせください。

水廻りリフォームに関する、お悩み・ご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。

TEL:052-655-4550

FAX:052-655-4551