HOME > ブログ一覧 > お役立ち情報 > 水回りリフォーム > 水回りのリフォームはどんな時に行うべきか?

水回りのリフォームはどんな時に行うべきか?

キッチンや洗面所。お風呂やトイレは毎日の生活で欠かせない場所であり、家の築年数とともに劣化や汚れが目立ってきます。しかし古くなっていても、毎日なんとか利用できているので、大きく破損したり故障しなければ、水回りのリフォームはあまり行わないのではないでしょうか?

■水回りのリフォームはどんな時に考える?

水回りは生活衛生面において大変重要な場所です。また、住宅で必要とするエネルギーの半分以上は、キッチンやお風呂といった水回り部分で利用されています。水回りのリフォームには、住人の生活を守り省エネにも繋がります。

水回りのリフォームを考える時には、ただ綺麗にすることや器具の故障や不具合を起こしたからだけではなく、あらかじめ水回りにどんな問題があるのかをご家族で話し合ってみると良いでしょう。

例えば洗面台も、今は使えているが近い将来老齢になった時に使い勝手は良いのか? また、狭いキッチンよりも解放的なオープンタイプにして子供たちと一緒に料理を作りたい!といった明確な目的を持つと、満足のできる水回りのリフォームに近づけます。

■水回りのリフォームは10年から15年をめどに

一般的に水回りのリフォームは、およそ10年から15年が目安と言われています。水回りは毎日使うものなので、表面上が美しく綺麗でも内部の部品が劣化していたり、耐久年数が超えて寿命になっている場合があります。

例えばトイレは昔は陶器製の便器でしたが、現在は強化プラスチックが主流です。そしてシャワー水洗機付や、自動洗浄といった様々な機能が付属されています。メーカーでは「想定安全使用期間」を設け、この年数を超えて使用すると何らかの不具合が生じる恐れがあると明記しています。

他にもキッチンでは、ガスコンロや IH クッキングヒーターといった機器の耐用年数の他に、給水管や排水管にも耐用年数があります。耐用年数は約10年から15年程度が目安となっており、その年数を超えて使用し続ければ水漏れ等の不具合が起きてしまう可能性があります。

水回りは破損や故障が起きてしまうと、大きく生活に支障をきたしてしまいます。設備の使用する環境や頻度によっても耐用年数は異なりますが、おおよそ10年目から15年目ぐらいには、水回りのメンテナンスを考えておくと良いでしょう。

■ 水回りのリフォームはまとめてした方が良い?

結論から言えば、水回りのリフォームを行うのであればまとめて行うほうが良いでしょう。金額的にお得ということもありますが、キッチンの隣はお風呂場やトイレといった様に、

住宅の水回りはほとんどが1箇所に集まっています。それは、住宅内の給水管や排水管の設置に関係しているからです。

キッチンやお風呂を別々にリフォームすると、他の給水管や排水管に影響が出ない様に注意しながらリフォームを行わなければなりません。同時にリフォームを行えば、解体工事もなども一度に行うことができて、作業期間も短縮することができます。

総合的にみても、水回りのリフォームを行う時にはまとめて行う事をお勧め致します。

お気軽にお問い合わせください。

水廻りリフォームに関する、お悩み・ご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。

TEL:052-655-4550

FAX:052-655-4551