洗面所リフォームで掃除をラクに。おさえておきたいポイント

洗面所リフォームで掃除をラクに。おさえておきたいポイント

家族全員が毎日使い、すぐに汚れてしまう洗面所。 「さっき掃除したのにもう汚れている……」とガッカリしてしまうこともあるのではないでしょうか。 洗面台をリフォームすればキレイになるだけでなく、汚れにくくなったり、掃除の頻度が減ったり、うれしい効果が生まれます。  

目次

1.掃除がラクになる洗面台選びのポイント

●水栓

洗面ボウルから立ち上げた水栓は根元に水がたまりやすく、水アカやカビの原因になってしまうことも多いもの。そこでリフォームでおすすめしたいのが「壁出し水栓」です。 壁出し水栓は、吐水口とハンドルのパーツが分かれているものが多く、水がかかりにくい高さに設置されています。水栓まわりに水がたまらないので、水アカがあまりつきません。 また、手をかざすだけで吐水できる「タッチレス水栓」なら手アカも防げるので、よりキレイな状態を保つことができます。

●洗面ボウル

手洗い時の水ハネを防ぐためには、広くて深さのある洗面ボウルを選びましょう。大きな洗面ボウルはつけ置きなどにも使えて便利です。 また、洗面ボウルと収納付きミラーの間に「チャイルドミラー」と呼ばれる小さな鏡が設置されていることがありますが、この中間部にミラーがあると水ハネや水アカが目立ちやすくなります。 中間部は汚れが目立ちにくく、拭き取りしやすいタイルやキッチンパネルを貼っておくとお手入れが簡単です。 洗面ボウルのバックガードが収納付きミラーまで伸びているタイプもあります。

●収納付きミラー

以前の主流は中央にミラーがあり、両サイドがオープン棚になっている製品でしたが、ホコリがたまりやすく、決して掃除がラクとは言えませんでした。 リフォームするのなら、ホコリがたまりにくく、生活感のあるものを隠せる「三面鏡」を選びましょう。

2.水に強い壁材

洗面台の片側、あるいは両側が壁になっている場合、壁は水ハネとホコリでとても汚れやすくなります。クロス貼りだと数年で黒ずんできてしまうこともあるでしょう。 洗面台のサイドは水に強く、拭き取りがしやすい壁材がおすすめ。先にご紹介したタイルやキッチンパネル貼りならお手入れがグッとラクになります。

3.まとめ

いつもキレイな洗面所をキープするためには洗面台選びも大切ですが、すぐに掃除できる環境を整えておくこともポイントです。 すぐ手が届く場所にボウルを洗えるスポンジ、水滴を拭き取れるダスターを置いておく。フロアワイパーを壁に取り付けておく。 こういった小さな工夫を重ねて、掃除が負担にならない仕組みも整えていきましょう。

おすすめ関連記事

「洗面所リフォームで掃除をラクに。おさえておきたいポイント」をお読みいただきありがとうございます。さらにリフォームについて詳しく知りたい方には、「洗面所リフォームを失敗しないために考える目的別ポイント」をおすすめします。

この記事では、洗面所リフォームの成功のために考慮すべき重要な要素について具体的に解説しています。リフォームを進める前に押さえておきたいポイントを明らかにし、より効果的で、機能的で、そして美しい洗面所の実現に向けた具体的なステップを提供します。

掃除がラクな洗面所を作り上げるだけでなく、全体の設計を失敗しないための重要なヒントを得られます。ぜひ、「洗面所リフォームを失敗しないために考える目的別ポイント」をチェックして、あなたのリフォーム計画を成功に導きましょう。

 

エフォール:名古屋市中川区の水回りリフォームのエキスパート。あなたの理想の洗面所を実現します。

エフォールは名古屋市中川区に拠点を置くマンションの水回り専門のリフォーム会社です。キッチンからトイレ、洗面所、そして浴槽まで、あらゆる水回りのリフォームについて対応しています。リフォームを失敗しないための詳細なポイントを知った今、それを具体的な行動に移すパートナーが必要なら、エフォールが最適な選択です。

専門知識と豊富な経験を持つエフォールのスタッフが、あなたの理想を形にします。ぜひ、お気軽にご相談ください。あなたの洗面所リフォーム計画を成功に導くためのベストなパートナー、それがエフォールです。

お問い合わせ・お見積り

お客様お問い合わせ
専用ダイヤル

0120-758-027

受付9:00〜18:00 土日祝も対応中!

24時間365日受付中!
非対面でもお見積り致します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次