名古屋でリフォームをお考えの方、必見!リフォーム補助金情報!!

今回は、2024年3月下旬頃より申請開始のリフォームに使える補助金について説明します!

目次

住宅省エネ2024キャンペーン

2024年3月下旬頃より申請開始受付の「住宅省エネ2024キャンペーン」は2050年のカーボンニュートラル実現のため、国土交通省、経済産業省、環境省の3省の連携による住宅省エネ化を支援する4つの補助事業の総称です!

4つの補助事業とは、

  • 子育てエコホーム支援事業
  • 先進的窓リノベ2024事業
  • 給湯省エネ2024事業
  • 賃貸集合給湯省エネ2024事業

の4つの事業となっています。

まず大きなポイントとして、この補助金を使うためには、住宅省エネキャンペーンの事業者として登録されている登録事業者が申請する必要があるという点です!

もちろんエフォールでは登録してあるので問題ないですが、リフォームされる際はリフォーム会社さんに登録事業者かどうかの確認をとって下さい。

次に各補助事業のリフォームにおける補助金の上限額についてお伝えします。

子育てエコホーム支援事業

子育て世帯・若者夫婦世帯 :上限 30万円/戸

その他の世帯       :上限 20万円/戸

※子育て世帯・若者夫婦世帯が既存住宅購入を伴う場合は、上限60万円/戸

 長期優良リフォームを行う場合は、

 子育て世帯・若者夫婦世帯:上限 45万円/戸

 その他の世帯      :上限 30万円/戸

先進的窓リノベ事業

              上限 200万円/戸

給湯省エネ事業

定額(基本額、性能加算額、撤去加算額によります。)

詳しくはお問い合わせ下さい。

賃貸集合給湯省エネ事業

追焚機能無し:5万円

追焚機能有り:7万円

子育てエコホーム支援事業について説明します!

住宅省エネ2024キャンペーンの中でも使いやすい「子育てエコ支援事業」について説明していきます。

まず、最初のポイントとして「子育てエコホーム支援事業」の補助対象となるリフォーム工事は下記のように8つに分類されています。

  • 開口部の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  • エコ住宅設備の設置
  • 子育て対応改修
  • 防災性向上改修
  • バリアフリー改修
  • 空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
  • リフォーム瑕疵保険等への加入

上の①~③が必須となっていて、この中のどれか1つ以上の工事を行わないと補助の対象になりません。

もう少し説明を加えると、④~⑧だけを行っても補助金を受け取ることが出来ないということになります。

また、各項目で補助の金額がついていて、その合計額が5万円未満の場合も補助の対象にはならないので、そのあたりも注意が必要です。

動画でも説明していますが、浴室リフォーム(システムバス)の場合の補助金の例です。

ユニットバスへ交換した際によく使われる補助金の金額を出してみました。

この場合の高断熱浴槽や節湯水栓が先ほど説明した必須の工事となっています。

最低金額の5万円を超えるためには、高断熱浴槽+浴室乾燥機(計5.3万円)が必要になってくるかと思います。

また、浴室リフォームの際に、内窓の設置や窓の取替えなどでも補助金が受け取れたりもするので、上手く組み合わせて使ってみて下さい!

次にキッチンリフォームの補助としてこのような物も補助の対象になります。

このように対面化改修に対しても補助金が出るようになっています。

今回お伝えしている補助金額は一例になるので、詳しくはお問い合わせ頂けたらと思います。

補助金の申請期間ですが、申請受付は3月下旬頃よりスタートで、遅くとも2024年12月31日で予算の上限額に達すると終了となります。

前年は予算上限に達したのが9月28日となっていますので、そのあたりも意識して早めに補助金をとれるように動いていって頂ければと思います!

また、今後は窓リノベ事業などについても解説していこうと思いますので、チェックしておいて下さい!

今回は補助金について説明しました。

もっと詳しく聞きたい!という方は、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います!

お問い合わせ・お見積り

お客様お問い合わせ
専用ダイヤル

0120-758-027

受付9:00〜18:00 土日祝も対応中!

24時間365日受付中!
非対面でもお見積り致します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次