リフォームでキッチンに収納スペースをプラス!料理がより楽しくなる工夫

リフォームでキッチンに収納スペースをプラス!料理がより楽しくなる工夫

リフォームをする理由として、収納を増やしたいという理由をあげる方は少なくありません。暮らしの中には、それぞれの部屋や用途に応じて必要となる収納スペースがありますが、その中でも、キッチンの収納スペースをリフォームで増やしたことで、より快適な暮らしを手に入れたという方は多くいらっしゃいます。

そこで今回は、リフォームによってキッチンに収納スペースをプラスするメリットや、キッチン周りのどこにどんな収納スペースがあると便利なのか、具体的なリフォーム方法についもてご紹介したいと思います。

目次

1.収納スペースが増えれば料理がもっと楽しくなる!

漠然と、キッチンに収納スペースが多いと便利だろうな、と思いつつもリフォームをしてお金をかけてまで変えるほど影響があるのだろうか?と感じておられる方は少なくありません。収納スペースを増やすことでどんなメリットがあるかご紹介したいと思います。

■収納が少ないキッチンは使いにくい!?

片づけるスペースが無いということは、常に目に見えるところにモノが溢れてしまいます。見た目も悪く、片付かないことがストレスになってしまうかもしれません。また、片付ける場所がなく、キッチン周りにモノが散らかってしまうと、調理するスペースが奪われて料理や家事がしづらくなりますし、水や火を扱う場所なので、事故の原因にもなりかねません。そのため、モノの居場所となる収納スペースを設けることは重要です。

キッチンの収納スペースをプラスするリフォームを行ったことで、料理が億劫にならない、片付く、などの問題が解決されただけではなく、人によっては、料理がしやすくなり料理が好きに、趣味になったという方や、パートナーや子供たちと一緒に料理を楽しめるようになったというプラスの効果が得られたと感じている方も少なくありません。

■収納が多くても使えなければ意味がない!

収納スペースが多いことで、散らからず料理を楽しめるキッチンにすることが出来ますが、単純に収納スペースを増やせば良いというわけではありません。中には、収納する場所は沢山あるけど使えていないという方もいらっしゃいます。

その理由として多いのは、手の届かないところに収納スペースがあるという点です。例えば、吊戸棚を設けたものの、高くて取り出すにはイスが必要になるので、使わなくなったというケースは少なくありません。また、床下収納は入れるものが限られたり、すぐに取り出せなかったりして使えないと感じている方もいらっしゃいます。さらに、収納したい物のサイズと収納棚の高さやスペースが合っていないために、片付かないという問題もあります。

どんなに収納スペースが多くても、使い辛かったり使えなかったりするのであれば、何の意味もありません。必要な場所に必要なサイズの収納スペースを設けることが大事なのです。

2.リフォームでキッチンに収納スペースを増やす方法

ここからは、リフォームによってどのように収納スペースを増やすことで、料理が楽しくなるキッチンに生まれ変えることが出来るのか、具体的な方法をご紹介したいと思います。

■キッチン専用の収納『パントリー』をプラス

今の家に、圧倒的にキッチン関係の収納スペースが足りていないという方は、一か所にまとめて、キッチン専用の収納であるパントリーを設けることで、大容量の収納スペースを確保することが出来ます。

半間~1間のクローゼットのようなスペースがあるだけでも、パントリーとして充分使えますが、大容量にしたいのであれば、2畳程のウォークスルー、もしくはウォークインタイプのスペースにすることで、大きな物も収納できるパントリーになります。

また、出来るだけ幅広い物をパントリー内に収納したいと思うのであれば、収納するモノのサイズに合わせて棚の高さを変えられる可動棚にしておくと便利です。可動棚にしても、奥行きはある程度決まってしまうので、食器・家電・ストック食品・調理機器、普段使いか季節のものか、など大まかなモノの場所は決めておきましょう。

奥行きがあれば何にでも対応できるのではないか、と思うかもしれませんが、奥行きが深いところに小さなモノを置くと取り出しづらくなったり、見づらくて賞味期限を切らしてしまったりすることがあるので、収納するモノに合わせた奥行きの棚を活用することが大事です。

■使いたい物がすぐ届く場所に収納スペースをプラス

必要な収納スペースは特に大きな場所を確保せずとも、意外とちょっとしたスペースを作るだけで片付き、料理が断然ラクに楽しめることがあります。

例えば、料理をしていて散らかりやすい理由は、日常的によく使うものを収納できるスペースが手元にないことが原因かもしれません。普段使いの調味料などがキッチンのワークトップにあると使いやすいかもしれませんが、作業スペースが狭くなってしまいます。しかし、ワークトップ以外の手の届く範囲にあれば、片付けやすいだけではなく、家事導線や料理がスムーズになり、より料理を楽しめる環境を作ることが可能です。

普段使いの調味料などちょっとした収納スペースを確保するために、キッチン周りの壁や、対面カウンターの下部にニッチを設けることで、今あるモノを活用して収納スペースを確保することが出来るかもしれません。普段、何を頻繁に使っているか、どこに置くクセがあるのかを確認して、壁や棚を活用することで近くに収納できるスペースを確保できないか検討してみましょう。

3. まとめ

キッチンまわりにリフォームで収納スペースをプラスすることで、片付いたり、水や火による事故の原因を防いだりできるだけではなく、調理スペースが広くなり、より快適に料理を楽しむことが出来るようになります。収納スペースをプラスする際には、使いやすい場所に設けることを意識しなければ、どんなに大容量でも意味がありません。可動棚のあるパントリーを設けたり、普段使いのものを手の届く範囲に収納するために、壁やカウンターを利用したりすることで、使える収納スペースを増やすことが出来ます。

キッチンまわりに収納スペースをプラスして料理を楽しめるキッチンにリフォームしましょう!

 

おすすめ関連記事

キッチンリフォームで収納スペースをプラスする工夫について楽しんでいただけましたら、次に読む記事として、「キッチンの『ゴールデンゾーン』とは?収納が使いやすいキッチンにリフォームしよう」をおすすめします。

この記事では、「ゴールデンゾーン」というキッチン設計のコンセプトを紹介し、それがどのように収納スペースを効果的に活用するのに役立つかを詳しく説明しています。ゴールデンゾーンとは、料理をする際に最も利用頻度が高いエリアのことで、そのエリアに最もよく使うアイテムを収納することで、無駄な動きを減らし、効率的な料理が可能になります。

キッチンをより使いやすく、料理をより楽しくするためのリフォームのアイデアや、どのようにキッチンスペースを最適化するかの具体的な方法についても解説しています。

この記事を読むことで、あなたのキッチンがより機能的で使いやすくなること間違いなしです。料理のプロセスをスムーズにするアイデアと一緒に、あなたのキッチンを次のレベルへとリフォームしましょう。

   

あなたの理想をカタチに、エフォールのマンション水回りリフォーム!

キッチンリフォームでの収納スペース追加に関心を持ったあなたに、エフォールのマンション水回りリフォームをおすすめします。エフォールはマンションの水回り、特にキッチンのリフォームに特化しており、収納スペースの効率的な利用にも配慮した設計を提案します。私たちはあなたの理想を現実にするパートナーとして、全力でサポートします。

具体的な施工例については、こちらをご覧ください。

エフォールのキッチンリフォーム施工例はこちら

お問い合わせ・お見積り

お客様お問い合わせ
専用ダイヤル

0120-758-027

受付9:00〜18:00 土日祝も対応中!

24時間365日受付中!
非対面でもお見積り致します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次