マンションリビングを素敵な空間に。リビング照明選び方

リビングでは大切な家族とのゆったりとした時間を過ごしたり、気の置けない方との関係を深く円滑にする場所して最適な空間です。限られた広さのマンションのリビングでも、こだわりや高機能の照明を選ぶことで快適で素適なリビングにすることができます。

照明は単にお部屋の明るさだけでなく、部屋の雰囲気やインテリアを引き立たせるのに必要不可欠であり、照明自体も1つのインテリアとして演出することも可能です。

この記事では、マンションリビングにあったリビング照明の選び方について解説しています。

目次

リビング照明の種類

リビング照明は、お部屋の雰囲気やデザインに合わせて選択すると良いでしょう。しかし限られた広さのマンションでは、リビングで読書はもちろん、映画鑑賞やパソコンを使用したリモートワークの場所としても利用するので、できる限り高機能の照明をお勧めします。

シーリングライト

天井に張り付くように設置されており、高い位置から部屋全体を照らす照明です。視線の先や中空に照明がないので、リビングを広く感じスッキリとした感じにしてくれます。シンプルなデザインのリビングには ピッタリの照明と言えるでしょう。

近年はLEDの普及により、シーリングライトも明るさや色合いの調整ができる高機能のタイプも増えています。他にもBluetoothを利用した操作や演出の可能なタイプや、空調ファンと一体化したシーリングライトなども販売されています。また、シーリングライトの周りを竹細工で演出した和風のシーリングライトもあり、和風や洋風のリビングに合わせてシーリングライトを選ぶこともできます。

このように、高機能化されたシーリングライトはリビングだけでなく様々な部屋で利用する事ができ、すっきりとスタイリッシュに部屋を演出できる照明として主流になっています。

シャンデリア

リビングを華やかに演出できるのがシャンデリアです。一見、シャンデリアと言えば豪華で煌びやかなイメージを想像しますが、最近ではシンプルでデザイン性の高いシャンデリアもあり、リビングのデザインや自身のこだわりなど反映させて照明を選ぶ事ができます。

シャンデリアに取り付ける電球もLED電球が主流で、リビングのデザインやスタイルに合わせて明るさや色も選ぶことができます。吹き抜けになっているリビングなどでは、天井から吊るして幻想的にリビング全体的を明るくできるのも、シャンデリアの持つ魅力の1つでしょう。

スポットライト

天井や壁に専用のダクトレールを取り付け、数個のスポットライト照明を取り付けてリビングを明るく照らします。以前は間接照明や、インテリアを引き立たせるために脇役だったスポットライトも、小型のスポットライト照明をバーに取り付けて吊り下げる「シーリングスポットライト」が人気で、デザインを重視したリビングでは好んで利用されています。

スポットライトは本来、一点に光を強く当てて対象物を引き立たせる目的の照明なので、強い光源で電気の消費量も大きいものでしたが、LED電球を使用したものであれば長持ちで省エネのスポットライト照明として利用できます。

リビング照明は明かりの色も重要

リビングのデザインや印象によってシーリングライト、シャンデリア、スポットライトと選んだら、次は明かりの色が重要です。明かりの色によって、リビングの印象もグッと変わってきます。一般的に販売されている電球や蛍光灯の多くは以下の3つの色になります

・昼白色(ちゅうはくしょく)

自然で太陽の光に一番近い光の色になります。基本的にどんな部屋にでも合う光の色で、明るめで清々しいイメージのリビングにピッタリの光の色です。

・昼光色(ちゅうこうしょく)

少し青みがかり、白っぽい色の光が特徴です。スタイリッシュでデザイン性の高いリビングなどに利用されますが、あまり一般的ではありません。昼光色の青みがかった色は集中力を高める効果があるので、リビングでお仕事や読書をしたいにはお勧めです。

・電球色(でんきゅうしょく)

暖色系でオレンジっぽい光で温かみを感じる光の色です。光の強さは抑え気味なので、読書をしていても目が疲れにくくリラックスできます。落ち着いた感じになるので、リビングでゆっくりしたい人や食事をしたい人にはピッタリの光の色です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

リビング照明は様々な種類があり、リビングの雰囲気やデザインに合わせてリビング選ぶ事ができます。リビングに合った照明を選んでも、夜間は明るさが足りない時などはスタンドライトといったセカンドライトを活用してみましょう。

また、限られた広さのマンションではリビングを様々な用途で利用する事もあります。その為、リビング照明に使われる電球もその用途に合わせて変えてみてはいかがでしょうか?

マンションの場合には、照明の取り付けが構造上不可能だったり、マンション管理規約などによってできない場合も考えられます。その場合には、事前に電気工事会社やマンション工事に特化したリフォーム会社に相談してみましょう。

お問い合わせ・お見積り

お客様お問い合わせ
専用ダイヤル

0120-758-027

受付9:00〜18:00 土日祝も対応中!

24時間365日受付中!
非対面でもお見積り致します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次