マンションの子ども部屋リフォーム:成長に合わせて変えるデザインの工夫

マンションの子ども部屋リフォーム:成長に合わせて変えるデザインの工夫

子ども達が自分らしく、居心地の良い部屋を用意してあげたいと思っている親御さんは多いのではないでしょうか?しかし、成長の早い子ども達にとって使いやすく居心地の良い子ども部屋にするには、どうしたらよいのだろう、と子ども部屋のリフォームに不安を抱えておられる方は少なくありません。

そこで今回は、子ども部屋がどのように使われるのか、また成長に合わせてどのようにリフォームすると使いやすい子ども部屋になるのか、ポイントをご紹介したいと思います。

目次

1.年齢別・子ども部屋の使い方

ひとえに子ども部屋と言っても、ライフスタイルによって使い方やデザインが異なっています。特に年齢によって変化が生じます。成長に合わせて使いやすい子ども部屋にするためには、まずは年齢別にどんな使い方をするのかを想定しておく必要があります。一般的な子ども部屋の使い方を年齢別に確認してみましょう。

マンションの子ども部屋リフォーム:成長に合わせて変えるデザインの工夫

■小学生未満(0~5歳)

子ども部屋は基本的におもちゃを置いたり、プレイルームにしたり、遊ぶことに特化した部屋として使うことが多い年齢です。親の寝室で一緒に寝るようにするケースが多いため、子ども部屋にはベッドは必要ないかもしれません。家具を置かず、遊ぶ時に危険がないように出来るだけ広くスペースをとることを意識しましょう。

■小学生(6~12歳)

学校に通い出すため、勉強道具やランドセルを置けるような収納スペースと、勉強机が必要になります。学校の宿題や勉強は、リビングやユーティリティールームなど家族が集う場所でしてほしいと思っておられる方は、あえて子ども部屋に勉強机を置かないようにしています。

また、この時期から一人で寝るようになるケースも多いので、ベッドを設けたり、布団が置けるスペースを確保したりする必要があります。

勉強をどこでするか、洋服をそれぞれの部屋に片づけるのか、ファミリークローゼットにするのか、などによって、子ども部屋に必要なものが変わってきます。

■中高生(13~17歳)

子ども部屋が遊びに特化した部屋から勉強に特化した部屋になる年齢です。受験勉強やテスト勉強に集中しやすいように、音や明るさを意識しましょう。

体も大きくなっているので、今後の成長も見込んで、子ども用ではなく大人サイズの家具が必要になります。大人サイズのベッドに買い替えることや、洋服も大きくなるため、整理ダンスも大きなものが必要になるか、クローゼットが必要になるかもしれません。

■大学生・社会人(18歳~)

好みややりたいことが定まってくるので、子ども達それぞれの自分らしい部屋になります。趣味の部屋や勉強に集中する部屋など、子どもが自分で部屋を居心地の良い空間に仕上げていくケースが増えます。

社会人になると、家具やインテリアを自分で買い替えて揃えるという方も少なくありません。

2.子どもの成長に合わせて変える工夫

成長によって使い方やデザインが変わりやすい子ども部屋を使いやすくリフォームしていくうえで、どんな点を意識して工夫しておくと良いのでしょうか?ポイントをご紹介したいと思います。

■子ども部屋は自由度の高い空間にしておく

年齢別の子ども部屋の使い方からも分かるように、年齢によって必要な家具やサイズが変わってくるため、子ども部屋は作り込みすぎないことが大切です。造作家具などでサイズやカタチを固定してしまうと、成長の度に、リフォームが必要になってしまいます。

子ども達も成長に合わせて好みやセンスが変わることを考えると、自由度の高い『空間』を用意することを意識して子ども部屋を作りましょう。成長に合わせて、家具やデザインをプラスしていく方が、無駄がありませんし、子どもたちも柔軟な発想でのびのび育つという点で助けになります。

■クロスの張替え時期と合わせて考える

子ども部屋は、親が用意した子どもらしい雰囲気の部屋から、自我が目覚め、大人でも居心地の良い雰囲気の部屋へデザインの点でも、変化が生じます。

子ども部屋のデザインや雰囲気を大きく左右するアイテムのひとつがクロスです。壁は部屋の面積の大部分を占めているので、同じ部屋でもクロスが変わることで大きく印象を変えることが出来ます。そのため、年齢に合わせてクロスを張りかえることで、子どもにとっても居心地の良い部屋にすることが出来ます。

その点で、クロスの耐用年数と子どもの成長に合わせた壁のリフォームをセットで考えることは効果的です。一般的に、クロスの耐用年数は5~10年と言われています。壁に手を付いたり、遊んでいて汚したりしやすい幼少期はクロスの劣化が早いため5・6年程を目安にして、その後は10年を過ぎたぐらいがちょうどリフォーム時期になると考えられます。そのことを踏まえると、下記のタイミングでリフォームを計画し、成長に合わせたデザインを選ぶことが出来るかもしれません。

・0歳~小学校入学前の6年間

親が選んだ可愛く子どもらしいデザインクロスや、絵が描ける黒板クロス、汚れても掃除がしやすいクロスがおススメです。

・小学生~高校生の12年間

子ども達に好みのクロスを選んでもらうことが出来るかもしれません。また、学校のプリントが張れるようにマグネットが使えるクロスもおススメです。

・大学生・社会人以降

子ども達の好みが定まっていることが多いので、子ども達に選んでもらうことも出来ますが、家を出て、書斎や趣味部屋など子ども部屋以外の用途で使う可能性があることも踏まえて、家族でクロス選びをしておくと、誰にとっても使いやすい部屋の雰囲気になります。

どのタイミングでクロスのリフォームを行うかを早い段階で計画しておけば、子ども部屋の使い方や、コーディネートの方向性などを常に意識できて、費用的にも間取りやデザイン的にも無駄のないリフォームが行えます。

3. まとめ

子ども部屋は、ライフスタイルや成長によって用途や使いやすいデザインに変化が生じます。そのため、成長に合わせた部屋づくりが重要です。子ども部屋で寝るのか、勉強をするのか、洋服をどこに収納するのかなどを事前に考えて、必要な家具が入るスペースを確保すること、成長に合わせて自由に使えるように、子ども部屋は作り込みすぎず空間を備えることを意識しましょう。また、クロスの張替えは必要なリフォームなので、子どもの成長に合ったタイミングで張替えられるようにリフォーム計画を事前にしておくことは助けになります。

子どもが自分らしく、のびのびと成長できる環境になるように、成長に合わせたリフォームを行いましょう。

 

★おすすめ関連記事★

「マンションの子ども部屋リフォーム:成長に合わせて変えるデザインの工夫」をお読みいただき、ありがとうございます。子ども部屋をリフォームする際には、お子様の成長とともに部屋の機能性やデザインを変えることが重要ですね。

さて、子ども部屋のリフォームを検討されている方にとって、フローリングの選択もまた大切なポイントになるかと思います。フローリングの種類や施工方法は、部屋の雰囲気だけでなく、遮音性やメンテナンス性など、生活の質にも大きく影響します。

そのため、ぜひ一度、「マンションのフローリングリフォームで失敗しないための基礎知識」という記事もお読みいただくことをおすすめします。この記事では、フローリング選びで失敗しないためのポイントや、マンションのリフォームにおける注意点など、フローリングリフォームの基礎知識について詳しく解説しています。

子ども部屋をより快適で、成長に合わせた空間にするための重要な参考になるでしょう。
こちらのリンクから記事をご覧いただけます。

 

 

“エフォール – あなたのマンションを理想の住まいへ”

名古屋市に拠点を置くエフォールは、マンションリフォームにおけるプロフェッショナルです。私たちは、あなたのマンションを最高のリビングスペースに変えることを目指しています。

豊富な経験と専門知識を活かし、お客様のご要望に応じた最適なリフォームプランを提供します。フローリングリフォームから壁紙の張替え、室内のレイアウト変更など、全ての内装リフォームに対応しています。

エフォールと一緒にリフォームプロジェクトを進めることで、マンションの内装が大きく変わり、あなたの生活がより快適になることを保証します。エフォールは、お客様の住まいを理想の空間へと変えるお手伝いをします。

今すぐエフォールをご覧いただき、私たちのリフォームプロジェクトを確認してください。あなたのマンションを理想の住まいに変える第一歩を踏み出しましょう。

お問い合わせ・お見積り

お客様お問い合わせ
専用ダイヤル

0120-758-027

受付9:00〜18:00 土日祝も対応中!

24時間365日受付中!
非対面でもお見積り致します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次