HOME > ブログ一覧 > お役立ち情報 > 水回りリフォーム > ランドリールーム > 室内干し派必見!使いやすいランドリールームの間取り&仕様

室内干し派必見!使いやすいランドリールームの間取り&仕様

天気に左右されずに洗濯が出来ることや、花粉やウイルスに晒されないようにすること、防犯のためや、家事導線を良くするためなどの理由から、年中洗濯物は室内干し派という方が増えています。ひと昔前までは、ベランダなど野外に干すことが当たり前だったことから、多くのマンションの間取りは、ベランダに干しやすい導線になるように造られていることが多いですが、室内干し派の方にとっては、意味がありません。むしろ、間取りを変えることで、室内干しに適した導線にすることが出来るかもしれません。

そこで、室内干し派にとって、どうすれば使いやすいランドリールームのある家にリノベーションできるか、間取りやランドリールームの仕様についてご紹介したいと思います。

1.ランドリールームはどこがベスト?

洗濯物を干すことがメインになるランドリールームをどこに配置するかという点は、ランドリールームの活用方法、ライフスタイルによって異なります。スタイルに合わせてどこがベストなのか、注意点とともにご紹介したいと思います。

■日当たり重視の窓際ランドリールーム

室内干しだとしても、自然の陽を浴びて乾かしたいという方は少なくありません。そのような場合は、ランドリールームを窓際の日当たりの良い場所に設ける必要があります。しかし、脱衣室には日当たりの良さを求めないかもしれません。しかも、限られた空間の中で、日当たりの良い場所ばかりになる家は少ないため、ランドリールームを優先させると、脱衣室と離れた配置になるケースは少なくありません。

そのため、洋服を脱ぐ脱衣室と洗濯機を同じ空間にするか、洗濯物を干すランドリールームに洗濯機を置くのかをまず考えましょう。さらに、脱衣室とランドリールームの導線が良くなる間取りを考えるようにしましょう。

どちらに洗濯機を置くにしても、洗濯物を持って移動する必要があります。その点で、脱衣室からランドリールームまでの導線が家事導線内に入っていれば、他の家事もスムーズに行えます。水回りを集めて回遊導線にしたり、キッチンを通り抜けられるようにしたりすることで家事導線が良くなるかもしれません。

また、マンションなど日当たりの良い場所が限られているのであれば、ランドリールームとして個室を設けるのではなく、リビングなど同じく日当たりを重視したい部屋の一角に干せるようにしておくことで、限られたスペースを上手に使うことが出来ます。しかし、リビングに干す場合は、料理の匂いが付かないように、キッチンと遠い場所に設置することや、通気性の良い場所にすることを意識しましょう。また、来客時などには目立ってしまうというデメリットもあるので、一時的に浴室内や寝室内など避難できるように、部屋干しできる第二候補も考えておくと安心です。

■最短導線重視の室内側ランドリールーム

日当たりの良いところではなく、短時間で乾燥できることを重視している方であれば、浴室乾燥機を活用して、浴室内にランドリーパイプを設けて室内干しすることがおススメです。ただし、浴室内は広くても2畳ほどの空間なので、家族全員分の洗濯物を干すには少し狭いと感じる方は少なくありません。ポールを2本設けて干せる量を増やすこともできますが、限界があるので、洗濯物の量を把握したうえで決めましょう。

また、洗面脱衣室内に干すことができれば、洗濯のための移動が最小限に抑えられます。しかし、浴室の湿気と洗濯物の湿気が集まりやすくカビが発生しやすくなるので、浴室乾燥機に頼るのではなく、洗濯物用に洗面脱衣室にも乾燥機を設置するようにしましょう。

さらに、最近は乾燥機付きの洗濯機を活用する方も増えています。干す手間が省けるうえ、洗濯機を置くスペースだけで、ランドリールームとしての広さはほぼ必要ないため、他の部屋にスペースを使えます。

2.使いやすいランドリールームの仕様とは?

自分の暮らし方にあった場所にランドリールームやランドリースペースを設けたのであれば、さらに使いやすくするために室内の収納や設備といった仕様にもこだわってみましょう。おススメの仕様をご紹介いたします。

■動きをコンパクトにスムーズに!

ランドリールーム内に、洗濯機がある場合は、洗剤類の収納スペースはもちろんのこと、取り出してすぐに干せるように、ハンガーの収納場所も計画しておきましょう。具体的にどれぐらいの数のハンガーが必要で、洗濯機に対してどこにあると取り出しやすいかを考えたうえで収納場所とスペースを決めると導線がスムーズになります。

また、幼い子どもや、介護が必要な方がいるお宅、部活やアウトドアで汚れやすい衣類は、手洗いで汚れを落としたうえで洗濯機に入れたいと思う方も少なくありません。そのような場合は、ランドリールーム内に手洗いしやすい大きなスロップシンクを設けておけば、洗面所が離れていても、洗ってすぐに洗濯機に入れることが出来て便利です。

洗濯機が脱衣室にある場合は、運び方を考えておきましょう。かごに入れてランドリースペースに運んでからハンガーにかける方もいれば、洗濯機から出しながらハンガーにかける方もいらっしゃいます。前者であれば、脱衣室にかごを置けるスペースを確保しておきましょう。後者であれば、脱衣室内にも物干ポールを設けておくことで、順に干しながら洗濯物を取り出すことが出来て便利です。この場合は、脱衣室にハンガーを収納して置く場所を設けておくことも忘れないようにしましょう。

■洗濯物を取り込んでからの導線も大事!

洗濯に関係する家事をスムーズにするには、干す作業だけではなく、乾いた後に取り込んで収納するまでの流れを意識しておくことも重要です。

洗濯機から衣類を取り出して、すぐに畳めるようにランドリールーム内に作業台を設けることで移動せずに家事が行えます。また、来客時の対応や他の家事を行うために中断しなければいけなくても、そのままにしても邪魔にならず、リビングなどの部屋が散らからずにすみます。さらに、アイロンがけも出来るようにスペースを確保しておけば、家事がまとまります。

また、畳む作業を減らすために、ハンガーにかけてそのままクローゼットに片づけるという方法もあります。その場合は、ランドリールームとファミリークローゼットをウォークスルーできる導線にすることで、家事導線がスムーズになります。

3. まとめ

共働き家庭を中心に、洗濯物は室内干し派という方が増えています。そのため、リノベーションでランドリールームを設けることも増えていますが、同じ室内干し派でも、家事のスタイルや動きはそれぞれ違うので、自分にあった間取りや導線にすることが重要です。どんな環境で干したいのか、どこに洗濯機を置くのかを考えたうえで、具体的な動きを確認しながら必要なスペースや収納を確保するようにしましょう。

室内干し派だからランドリールームがあれば便利になるというわけではありません。ライフスタイルに合った間取りすることを意識してリノベーションをしましょう。

理想をカタチにできるリフォーム

お気軽にお問い合わせください。

水廻りリフォームに関する、お悩み・ご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。

TEL:052-655-4550

FAX:052-655-4551