HOME > ブログ一覧 > お役立ち情報 > 水回りリフォーム > 浴槽リフォーム > 目的別に考える浴室リフォームのポイント

目的別に考える浴室リフォームのポイント

浴室のリフォームを行う際には、なんとなく、漠然とリフォームしてはいけません。ユニットバスには、様々な機能やデザインがあるので、色々と見ているうちに、どれも必要な機能、良いものに見えてきてしまいます。リフォームする目的を明確にしたうえで、現在の問題点やリフォーム後に求めることを解決できるお風呂にリフォームしなければ意味がありません。当初の目的を第一優先にリフォームするために、目的に応じた浴室リフォームの対策やポイントを確認しておきましょう。

目的1.カビが生えにくいお風呂にしたい!

■水はけの良い素材・換気に注目!

在来工法の塗装壁やタイル壁、床は水はけが悪いため、ユニットバスに比べ、カビやすい傾向があります。在来工法であれば、ユニットバスにリフォームするか、床や壁のだけでも、水はけの良いいパネル素材に変えることで、カビを防ぐことが出来ます。また、在来工法でもユニットバスでも出来る事として、壁や床をフッ素やシリコンを使った防カビコーティングや防カビ塗装を施す方法も効果的です。

ユニットバスにリフォームする場合は、防カビに特化した商品を選ぶようにしましょう。床材は、水はけが良いように表面に凹凸のデザインが施されたものや、表面加工されていて水垢が付きにくいタイプを選びましょう。メーカーの中には、床だけでなく、壁や浴槽、扉に防カビ機能が付いているものもあります。

さらに、カビが繁殖する理由として、湿度が高いという点があげられます。特に、お風呂を利用した後に、高湿度が保たれた状態になると危険です。そのため、浴室暖房乾燥機を設置するというのも効果的です。

ポイント:ユニットバスの特性を活かした環境を保つ事が重要

防カビ機能が付いたユニットバスにすれば、絶対にカビが生えないわけではありません。あくまでも生えにくい状態を保てるというだけなので、やはりマメに掃除をしたり、換気扇を付けたりして、ユニットバスの防カビ機能を最大限に活かせる環境にしておくことも重要です。

目的2.寒いお風呂に入りたくない!

■保温機能が豊富なユニットバスに注目!

現在、在来工法の浴室という場合は、ユニットバスにするだけで密閉度が高まることや、材質が変わることで浴室内が暖かくなることを期待できます。家族の入浴時間がバラバラな場合は、追い炊き機能付きのユニットバスを選び、すぐに温められるようになっている事も重要ですが、お湯が冷めにくい構造になっている浴槽を選ぶのも経済的です。ユニットバスのグレードによっては、浴槽に断熱材が組み込まれた二重構造になっているものがあるので、そのタイプを選ぶことで保温力をアップさせることが出来ます。断熱材が入った風呂フタをセットにすると、さらなる保温力が期待できます。また浴槽内だけでなく、浴室を温かく保つうえで、ユニットバスの中には浴室用の床暖房を選べるメーカーもあり、足元の冷えも解消してくれます。さらに、浴室暖房機を設置すると浴室全体を温める事が出来ます。

ポイント:浴室全体の断熱も意識する!

さらに、忘れてはならないのが断熱材です。ユニットバスに断熱材が施行されているものが主流とはなっていますが、浴室の天井裏や壁、床といった断熱材は、ユニットバスにセットになっているわけではありません。リフォーム会社の中には、ユニットバスにリフォームするだけで、断熱施工を施さないところもあります。暖かい浴室にするためのリフォームが目的であるなら、浴室まわりに断熱材を入れる計画になっているか、リフォーム会社や工務店にしっかり確認したうえでリフォームしましょう。

目的3.洗濯物を干せるようにしたい!

浴室乾燥暖房機を設置し、ランドリーパイプを取り付け!

花粉や黄砂、PM2.5、防犯のためなどから最近は、日頃から洗濯物を室内干ししている方は少なくありません。室内の中でも浴室を洗濯物干しスペースとして利用したいと思っておられる方は、ランドリーパイプを設置しましょう。また標準装備となる換気扇は、洗濯物を乾燥させることには特化していないので、浴室暖房乾燥機を設置して、乾きやすい環境にすることが出来ます。

ポイント:洗濯物の量も検討する

浴室乾燥機を設置するとランドリーパイプが1本セットで付いてくるメーカーもありますが、家族分の洗濯物を干す場合、1本では足りないと感じる方は少なくないようです。2本設置することを検討すると良いかもしれません。しかし、ランドリーパイプを2本とも固定すると普段の見栄えの悪さや、掃除のし辛さが気になるという方もいらっしゃいます。その場合は固定タイプではなく、パイプを引っかけて使えるブラケットだけを設置して、使わない時はパイプを取り外せるようにしておく方法がおすすめです。

まとめ

今回取り上げた浴室リフォームの目的に対して、現在、在来工法の浴室の場合、ユニットバスにリフォームするだけでも、問題の解決を期待出来るかもしれません。しかし、さらに目的に応じた対策を求めるなら、浴室暖房換気乾燥機やランドリーパイプといったオプションを付けたり、防カビ機能や断熱が充実したグレードのユニットバスを選んだりする必要があるかもしれません。デザインや価格を検討することも重要ですが、本来の目的に対応したリフォームを行わなければ、数年のうちに同じ問題に直面する可能性もありますし、必要のないものを取り付けて費用が高くなってしまう場合もあります。目的を明確にしたうえで、対応する方法や設備でリフォームを行いましょう。

お気軽にお問い合わせください。

水廻りリフォームに関する、お悩み・ご相談がございましたら、お気軽にご相談ください。

TEL:052-655-4550

FAX:052-655-4551